So-net無料ブログ作成

こんなアプリが欲しかった!Xperiaのカメラでストリートビュー向けの写真を撮ってみよう! [アプリ]

スポンサーリンク




写真が綺麗に写せるXperiaだからこそ、

普通のカメラとは一味違う写真を撮ってみたいと思いませんか[ぴかぴか(新しい)]

 

今までパソコンやXperia等のスマホから

Googleストリートビューを利用したことがある人は

沢山おられるかと思います。 

今回紹介したいのはスマホ向けアプリの

Goole提供のストリートビューです[るんるん]

 

アプリの名前からして

「ん?そのアプリが写真やカメラと関連あるのか?」

と思う方もいるかもしれませんが、

実はこのアプリにはカメラ機能があるんです。

スマホやPCを日頃から使っている感の良い方は、

ほほ~なるほどと思うかもしれませんが・・。

確かに一般的に言えばアプリの名前からしても

カメラ機能があることは推測しにくいですよね。 

 

Googleストリートビュー
Googleストリートビュー
開発元:Google Inc.
 
無料
 
posted with アプリーチ

 

Googleマップならば知名度も高く

既にインストールされている方も多いかもしれませんね。

ただ、このストリートビューをスマホに入れいている人は

周りの友達に聞いても殆どいませんでした。

 

さて、このアプリ何が楽しいかって、 

全天球型の写真を撮ることが出来るんです[exclamation×2]

撮影した写真はあたかもその場所に立っているかのように

全方向あらゆる方向にスワイプしながら

見回すことが出来る為、そこら辺にありがちな

360度パノラマ撮影アプリで撮った写真とは

仕上がったスケールが全然違います[手(パー)]

自分で撮った写真の全く新しい感覚の写真の楽しみが、

また更に1つ増えるに違いありません[プレゼント]

そして、撮影した写真は、ストリービューにも公開可能です。 

 

実際に本記事内で紹介している写真は

僕が持っているXperiaで撮影した

ストリートビューの写真です。

使った機種は、Xperia Z5 Premium

Xperia Z1で撮影したものになりますが、

過去の機種を使ったらからと言って

画質が目立って粗くなるということはありません。

ご覧のように、この記事内にアップしている写真

これがZ1で、こっちの写真はZ5なんて区別付きませんよね? 

写真はGoogleマップへアップロードすれば、

パソコン等の大きな画面からも見ることが出来るため、

あの日、あの時、その場所に居たときの全景がリアルに蘇ります[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

 

<撮影場所:兵庫県 明石海峡大橋>
 

 

<撮影場所:京都 蹴上インクライン>

 

 

<撮影場所:京都 建仁寺>

 

以前はGoogleカメラというアプリが

存在していたことをご存知の方もいるかもしれません。

Google_Camera.png

このアプリを起動してからPhotoSphereを選択することで

上のような360度全天球型の写真が撮れました。 

    sphere1.png

現在、Googleカメラ自体がPlayストアには公開されていません。

このアプリの方が画像のクオリティも設定することが出来た為、

個人的にはこのGoogleカメラの方が好きでした。

今も入手しようと思えば、以下のAPKから入手可能です。

Google Camera APKs - APKMirror

入手される場合は、自己責任にてお願い致しますm(__)m

 

直接、PlayストアからGoogleカメラは

入手出来なくなりましたが、Googleカメラの

PhotoSphereの機能をそのまま引き継いだものが

Googleストリートビューのカメラです。

ここからアプリの起動から、実際の撮影方法について

ご紹介させていただきます。

Xperiaの新しい楽しみ方がまた1つ増えたら嬉しいです[ぴかぴか(新しい)] 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

Street Viewの起動

ストリートビューのインストールが完了したら

早速起動してみましょう。 

StreetView1.png

 

 

Street Viewを使った撮影方法

位置情報をONにしている場合は、今いる場所が

表示されます。

右下の丸枠で示してあるところにカメラマークがあります。

そこをタップします。 

StreetView2.png 

 

 

再びカメラをタップします。 

StreetView3.png 

 

カメラが起動します。

ターゲットのオレンジの丸に合わせて

カメラ(Xperia本体)を水平に動かします。 

撮影のポイントは立っている場所を動かないことと、

ゆっくりとターゲット(オレンジの丸枠)に向けて動かすことです。

たったそれだけです。 

オレンジの丸ターゲットに合わせると

自動的に撮影される為、

シャッターボタンを押す必要は全くありません。

StreetView5.png

撮影音が「カシャッ」と聞こえたら、

次の丸いオレンジ印のターゲットへ

ゆっくりXperiaを向けます。

 

撮影途中で、色ムラや、ズレが生じることが

気になるかもしれませんが撮影完了後に

自動的に色ムラやズレをアプリ側が自動解析し

最終的に明暗やズレの誤差を

目立たないように修正をかけてくれるので

気にせずに撮影を進めましょう。 

StreetView6.png

 

 

下の状態の画像は丁度360度一周りした画像です。

ここまでは、よくありがちなパノラマ写真の状態であることがわかります。

画面には3枚分の写真が並んでいますが、

実際にはグルっと1周している為、10枚近くの写真を撮影しています。 

StreetView7.png 

 

 

さて、ここから全天球の写真撮影完了に向けて

仕上げを進めましょう。

地球儀で言えば、北半球と南半球側の部分の撮影が

まだ仕上がっていない状態です。

北(上)と南(下)のどちらかから進めても問題ありません。 

StreetView8.png

 

全ての撮影が終わると自動的に補正が開始され

全天球型のパノラマ写真が仕上がります。

実際に撮影して出来上がった画像がコチラです↓

RICHOのThetaに比べ全体的に見ても歪みも

殆ど気にならないことがおわかり頂けるかと思います。 

<撮影場所:埼玉県 巾着田>

これから本格的で素晴らしい秋の紅葉の景色や、

登山されるかたは山からの壮大な景色を、

そして冬のスキー場の白銀の大パノラマ写真を

撮影してみてはいかがでしょうか。

きっと今までにない写真に仕上がることは間違いありません[グッド(上向き矢印)] 




スポンサーリンク




nice!(107)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 107

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました