So-net無料ブログ作成
検索選択

進化が止まらない!Xperia XZが正式に発表!カメラ機能が更に最先端をいく!他機能もアップグレード! [Xperia XZ]

スポンサーリンク




IFA2016の会場にてXperia XZが発表されました[グッド(上向き矢印)]

XZはフラッグシップと位置付けられるデバイスであることを今回の

IFA2016カンファレンスの場で明言しています。 

xperia_xz_logo.jpg


下の動画はIFA2016のプレスイベントの模様の動画です。

Xperia XZの紹介は25分25秒辺りからスピーチされています。

勿論ワールドイベントの為、英語スピーチです[ひらめき]


 

僕は現在Xperia Z3Xperia Z5 Premiumを使っていますが、

XZは前回のX Performance(以下XP)以上にデザイン、

機能の両面において興味を抱きました[るんるん] 

 

先ずXZのデザインですが、上のIFA2016の

カンファレンス動画等を見てもおわかりの通り、

計算された直線、両サイドのパネルから

側面にかける緻密なカーブのデザインに仕上がっています。

この形、手に持った感じ必ず馴染む形状であるはず。 

筐体はXP同様にメタル素材を採用していますが、

金属加工については前機種XPのサンドブラストと、

ヘアライン加工は引き継いでいません。

XZは神戸製鋼のアルミの純度の高い

アルカレイドという素材を使用し、

輝度感のある仕上がりになっています[ぴかぴか(新しい)]

背面パネルにメタルを採用していることから、

XP同様に、熱分散も効率化されているはず。

塗装についてはこれがまた上品で

落ち着いたカラー展開となっており、

「ミネラルブラック」「プラチナ」「フォレストブルー」の

3色展開となっています。

この中でキラーカラーは「フォレストブルー」かな・・

 

 

このデザインに、このカラー、

程よい輝度で優雅さと洗練された質感と

モダンさに惹かれました[ぴかぴか(新しい)]

 

カラー含めたデザインに関しては

人それぞれ感じかた好みはあると思いますが、 

個人的にはXperia Z3以降の機種の中では

一番好みの仕上がりであると感じています。

 

カメラ機能が驚異的に進化!!
スマホカメラでは世界初!!5軸補正を搭載!!
新たに2つのセンサーが追加!!

まず、カメラ機能のグレードアップには「おおぉ!」と思いました[exclamation]

iPhone含めて、スマホの中では1、2を争う高画質なのに、

Xperia XZによりライバル機より1つ2つ先をいくカメラになるでしょう。

まず何が驚いたかって、

スマホでは世界初5軸補正機能が搭載されたことです[ぴかぴか(新しい)] 

高級一眼にも搭載されるこの機能が追加とは。。。 

XZの5軸補正は動画撮影のみ対応
Source:IT media 

Sony's Press Conference at IFA 2016-3.jpg

Xperia(Z3以降、最新機種になるにつれて機能向上)で動画を撮るとき、

電子式手ブレ補正(インテリジェントアクティブモード)にて撮影し

アクションカメラと同等とも言えるガタつきのない、

十分きれいな動画が録画出来ますが、

XZの5軸補正の精度がどの程度のものなのか、

早く試してみたいものです[目] 

因みに、Xperia Z2からZ5(Premium含む)まで

4K動画の撮影に対応していましたが、

インテリジェントアクティブモードは非対応でした。

今回の5軸補正が4K動画撮影にも対応するのか。。。 

既存のXperiaのカメラ機能だけでもハイスペックと言えるのに、

いやぁ、、凄いです[あせあせ(飛び散る汗)]

はっきり言って、これだけでも他スマホよりも

1歩、2歩先を行ってます。 

 


<スポンサーリンク>


 

撮影に大きな手助けとなる
レーザーAFセンサーと赤外線センサーが搭載!

カメラ機能の進化はまだ他にもあるんです[グッド(上向き矢印)]

なんと、Xperia XZのオートフォーカス(以下AF)機能は

トリプルAF搭載へアップグレードしました[exclamation×2] 

ソニーのスマホカメラの心臓部とも言えるイメージセンサーは

他スマホメーカーに供給するほど信頼の高いスマホ最先端の

センサーであることは言うまでもありませんが、

XP(X Performance)のカメラから独自のイメージセンサーに

被写体の動きを予測する先読みAFが搭載されました。

このAFにより運動会や動く乗り物などの高い精度の追従性を発揮し

被写体を正確かつ、シャッタを押した時の

ラグを減らして撮すことが可能となりました。

この先読みAFだけでも凄い機能だと思うのですが、

XZでは更に撮影時に心強い2つのセンサーが

新たに追加されることになります[exclamation×2]

これも、他スマホカメラよりも付加価値の高いAF機能と言えます。 

先ず追加された1つ目はレーザーAFセンサー[ひらめき]

Sony's Press Conference at IFA 2016-1.jpg 

このフォーカス機能ではある程度暗い場所でも

レーザーが届く1m位であれば、

被写体を、よりスピーディー且つ正確な

フォーカスを発揮してくれることが期待出来ます。 

1m以上離れている場合は、アルゴリズムを使って処理されます
※Source:Phile-web

英語ではありますが、このレーザーセンサーの働きを

伝えている動画があります。↓↓

最初の30秒までは先読みAFについて説明されており、

30秒以降はレーザーAFについての動画になっています。

暗い場所に限らず、何を撮すか被写体等によって

使いわける必要が出てくるでしょう。

 

更に、もう1つ追加されたセンサーは

赤外線センサー(RGBC-IRセンサーです。
※ここで言うRGBはレッド・グリーン・ブルーのこと。
CはClear。IRとは赤外線のこと。

このセンサーの役割は撮影時の

周りの環境のホワイトバランス認識精度を向上させることです。

例えば、「おまかせオート」のモードで撮影している際に

屋内で撮影しているのに、屋外と認識されたり

またはその逆として認識されることを防ぎ、

撮影した写真画像の色味をより忠実に

表現してくれることが期待出来ます。 

Sony's Press Conference at IFA 2016-2.jpg 

このセンサーの働きを説明してくれている動画もあります↓


 

この2つのセンサーの追加により、

より明瞭、そして精細かつ忠実に完成度の高い色合いの

写真が撮れることへの手助けとなることは間違いありませんね。

早く試してみたいものです[目] 

 

カメラLEDフラッシュや、レーザAF、赤外線は、

下図でいうと黄色の丸枠部分となります。

手前のほうからレーザーAF、赤外線AF、

LEDフラッシュの配置です。

LED_AF_Laser.JPG

 

 

バッテリーの過充電を防ぎ、
より長持ちするテクノロジーが搭載!!

スマホは、その機種により独自の省エネモードを搭載したり、

または、GooglePlay等から提供されている

バッテリーのスタミナ向上に貢献するアプリなどがありますが、 

XZに搭載されるBattery Careバッテリーケア)により

余計なスタミナ向上の為のアプリを入れなくても済みそうです。

前から過充電を防ぐ機能が無いかな・・・って思っていました。 



具体気に、この機能の役割はというと、

例えば、こんな経験は無いですか?

自宅に帰ってきて、スマホのバッテリーが残量30%

就寝前にスマホを充電すれば朝になればバッテリーが100%

しかし、起きる前のとっくに数時間前から

バッテリーは100%の満充電になっており、

このような過充電を繰り返す程バッテリー自体の寿命が縮まり、

つまり、バッテリーの劣化を導いてしまいます。

そして月日が経ち「ん?何だか最近バッテリーの減りが早な・・」

なんてことに。。 

そんなことに、なりにくくなるように、

バッテリーの過充電を防ぎ起床のタイミングに合わせて

ちょうど満充電にしてくれる。

それがBattery Careバッテリーケア)の機能になります。

このバッテリーケアについては

XZおよびX Comactに搭載される機能となります。

余談ですが実はX Performanceにも

既にバッテリーへの負荷を軽減する

充電仕様になっています。

具体的にX Performance以前の機種では

どのような充電方式だったかというとバッテリーに

ひたすら一定の電流が加えられていました。

しかし、X Performanceについては

新たなアルゴリズムが用いられ、

バッテリーの状態を常にモニタリングすることで

常に最適な充電電流をコントロールしています。 

例えば、充電電流をガッツリ加えられる時と、

劣化を抑えるためにゆっくり充電しよう。という感じです。

噛み砕いて人間で喩えるなら、

お腹空いている時はガツガツ食べて、

お腹が膨らんでくるとペースを緩める。そんな感じと同じですね。 

これによりX Performance以前の機種よりも

スタミナが2倍と謳われています。

(クリックすると拡大します)
DSC_0375.JPG
(画像Source:X Performanceのアンバサダーミーティングにおけるプレゼン資料)

X CompactとXZのバッテリーについては

X Performanceよりも更に充電に負荷がかからず、

バッテリーが劣化し難い仕様になっていると言えるでしょう。 

 

追記でスペックシートを記載する予定ですが、

ざっくりと上記2つのポイントがIFA及び主要情報サイトでも

ピックアップされているポイントとなります。

 

気になる日本国内での取り扱うかの有無は、

ワールドワイドに向けての発表の為、

国内でも販売すると思われます。 

国内キャリアで販売される場合、

気になる発売日ですが、IFAイベントにおける発表後、

大体10月最週末に国内で販売されるパターンが多いです。 




スポンサーリンク




nice!(104)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 104

コメント 2

ニッキー

ご訪問&niceありがとうございます^^
by ニッキー (2016-09-03 23:42) 

Mitch

ご訪問とnice!、ありがとうございます。
by Mitch (2016-09-05 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。